当院では様々な『精密審美入れ歯』に対応しています

渋谷区恵比寿の歯医者である当院では、「精密入れ歯」や「審美入れ歯」など『入れ歯治療』に注力しています。

渋谷区恵比寿の歯医者である当院では、東京医科歯科大学出身で、大学時代から補綴(ほてつ)といって、歯が欠けたり、なくなった場合に、被せ物や入れ歯などの人工物で補うことを専攻してきた歯科医師・歯学博士で、日本補綴歯科学会認定医が、入れ歯治療に注力しています。目立ちにくい、見た目が良いといった「審美入れ歯」を中心として、より快適性が高い入れ歯で、お若い方、お年を召した方など、お一人おひとりの年齢や性別、口腔内の状況などに合わせた入れ歯治療を行っています。

みんなの悩みは何か「後悔した治療」ランキング ▼歯科編 ~ の「3位」「入れ歯」が入っていました。

「PRESIDENT(プレジデント)※2021年12.3号」によると、1500人に対する調査結果で、 ~ みんなの悩みは何か「後悔した治療」ランキング ▼歯科編 ~ の「3位」に、「入れ歯」が入っていました。 また、「日本トレンドリサーチ・入れ歯に関する調査 ※2022年5月13日」によると、入れ歯を使っている方の85.6%が、入れ歯を使用していて不便だと感じたことが「ある」という調査結果でした。 それだけ入れ歯に不満がある方が多いのです。 実際、「入れ歯で痛い」「入れ歯で噛めない」「入れ歯が外れやすい」という主訴は、『入れ歯の三大主訴』といわれている現状があります。 また、入れ歯安定剤の市場規模は120億円ともいわれています。このことは、それだけ使用している入れ歯が合わなくて困っている方が多いことを如実に示しているといえます。

渋谷区恵比寿の歯医者である当院では『豊富な経験・知識・高度な技術による精密な入れ歯治療』によって、入れ歯のお悩み解決に注力しています。

歯を失ってしまった時、「両隣の健康な歯を大きく削るブリッジは嫌だ」「あごの骨にチタンを埋め込むインプラントには抵抗がある」といった理由などから「入れ歯」をご検討される方は少なくありません。それと同時に、入れ歯についてわからないことや、ご不安のある方もいらっしゃいます。 また、既に入れ歯をご利用の方は、現状、使用している入れ歯にご不満を抱えられている方も少なくありません。 渋谷区恵比寿の歯医者である当院では、入れ歯治療に注力しています。ここでは入れ歯の知識やお悩み解決、歯科医院にご相談されるきっかけにできるよう、情報を掲載しています。

渋谷区恵比寿の歯医者である当院では『複数種類の入れ歯に対応』し、“よく噛めて、ズレずに、痛くない入れ歯” を追求しています。

渋谷区恵比寿の歯医者である当院では『複数種類の入れ歯に対応』し、良く噛めてズレずに痛くない入れ歯を追求しています。「痛い」「噛めない」「外れやすい」など、切実な入れ歯のお悩みを解決して、 より快適性を追求した噛み心地の良い入れ歯、美しさを兼ね備えた入れ歯をご提案させていただきます。ここでは、特に優れた機能性・審美性を持った入れ歯をご紹介します。

PAGE TOP